MENU

パート薬剤師と派遣薬剤師

パートタイムの薬剤師求人は、パート薬剤師やアルバイトだけではなく派遣薬剤師としての紹介もあります。
派遣紹介は、薬剤師や看護師など売り手市場の業界では条件面、報酬面で魅力ある求人紹介が多く、派遣を選ばれる方も増えています。しかし派遣会社への登録は、以外に敷居も高い面もありますね!
薬剤師派遣は、他にも医療業界の規制もある為に自由に働く事が出来ないケースも出てきます。パートタイムの薬剤師で、1日数時間や週に2日〜5日くらいの就業の場合、ややこしい派遣よりも薬剤師パート求人の紹介が良いのではないでしょうか?

 

パート薬剤師求人は、最近条件面、給料面など交渉が出来る求人もあり、薬剤師求人サイトの専任コンサルトさんに相談すれば、希望する求人募集を探しやすくなってきています。

 

また、薬剤師パート求人は、比較的求人数も多くなってきています。特に薬剤師さんが不足している地域では、パート薬剤師も好条件で働く事が出来るケースも増えている事などから、主婦薬剤師さんの再就職、復職などにパートタイムで働く方も多いですよね!
最近の薬剤師求人サイトは、求人票の条件から交渉もしてくれるので、あなたのライフワークに合わせた働き方が出来るのではないでしょうか?薬剤師派遣でも同じ事は言えますが、パート薬剤師の方が、求人探し、職場探しが希望道理になりやすいと思います。

 

派遣でももちろんパートタイムの薬剤師求人紹介が豊富な派遣会社もあります。雇用契約が違うので、どちらで働くのか?福利厚生なども考え乍らパートタイムの薬剤師求人をお探しください。
当サイトでも紹介している「薬キャリ」なら派遣紹介も可能ですので、派遣薬剤師にも興味のある方は、薬キャリをご利用下さい。

派遣薬剤師、パート派遣のメリット、デメリット

パート薬剤師で働く際に、派遣薬剤師の選択も有りますよね!パート派遣とパート薬剤師の違いは、雇用契約を結ぶ会社の違いですね!派遣薬剤師の場合は、派遣会社との雇用契約になります。普通は、働く職場の企業や店舗との雇用契約になりますが、派遣薬剤師の場合は、働く職場ではなく求人紹介する派遣会社が雇用者になります。

 

これには、メリットもあればデメリットもあります。まず、雇用契約では派遣会社にもよりますが、パートタイムで働く場合でも福利厚生がしっかり受ける事が出来る場合が多くメリットと言えるのではないでしょうか?
パート薬剤師として働いた場合、就業時間、働く時間などで福利厚生がしっかり受ける事が出来ない場合も出てきますからね!
また、仕事探しの面でも派遣会社の紹介で条件面や給料面の希望に合った求人紹介が可能になるのが派遣薬剤師のメリットと言えます。

 

逆に派遣薬剤師のデメリットとして契約期間などは設定されている事がほとんどで、更新制です。就業先の景気や人員整理などがある場合、派遣社員から解雇、契約更新されないリスクがあります。
また、派遣会社との雇用契約でいろいろな制約も出てきます。仕事内容の不満や改善などを直接職場に言えない場合もあります。
働く時間や仕事内容などが同じでもパート薬剤師とパート派遣では、違いが有ります。どちらが良いのかは個人個人違いがあると思いますので、実際に薬剤師求人サイトなどで相談して見てください。